スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院中の備忘録

早すぎる!
出産した後は、入院中も退院した後も毎日があっという間に過ぎていきます。

忘れないうちに入院中の生活を振り返ってみます。

出産した当日は達成感と幸福感と一仕事終えた安心感と色々な感情が混ざりあって興奮してなかなか寝つけないでいました。そして、よくあることらしいですが一夜明けると微熱が!先生にそれって効果あるの?と突っ込まれながら私はおデコに冷えピタを貼って過ごしていました^^; 私には効果あり!

そして、体調の回復をみて母乳指導がはじまります。

出産をして終わりのような気がしてしまいますがこれからが始まりです^^

3500gで産まれてきた息子。
同じくらいに産まれた他の赤ちゃんと比べても一番大きくて、食い意地がはっているのか最初はなかなか出ない母乳も獣のように食いついて(笑)頑張って吸ってくれます。生命力ってすごいな~と感心しつつ赤ちゃんなのに、思っていたよりも吸う力が強くてビックリしました!このビックリは出産しないと分からない発見でした。
私は初産にしては母乳の出が良い方で、一回の授乳で50~60ml飲ませていましたが母乳をあげると子宮が回復するため収縮するので、お腹が痛くなり処方箋をだしてもらっていました^^;
母乳をあげることで大きくなった子宮が収縮するなんて体は上手くできていますね!それが良かったのか当初不安だったお腹のたるみも産後一カ月程で元にもどりました^^

私の入院した病院はごくごく普通の総合病院で小児科もあり家から一番近いという理由で選んだ病院でしたが、妊娠中も入院中も嫌だと思う事が一つもなく良い病院だったと思います。
入院中にとくに良かったのは、母乳をミルクで代用してくれるところです。3時間おきの母乳タイムがありましたが、出産後の疲れている体で母乳をあげるのは正直辛いです。体調の良い時だけあげれば良かったので、母乳をあげることに対してのプレッシャーがなく良かったと思います。また、夜は母子別室なので、ゆっくり休むことができました。
入院中は、母乳の他に出産報告や面会等家族や友人との連絡のやり取りで何かと忙しいです。退院後は子供の夜泣きで寝不足になるので、入院中にゆっくり休めたのは有り難かったです。

出産後、私が一番辛くて泣きそうだったのは「便秘」です^^;
会陰切開をしたところが気になってなかなか出ないんです。これは、退院してからも一週間程続きました(泣)周りの方もそういう方がいました。便秘だと感じたら我慢せず早めに処方箋を出してもらった方が安心です。

なんだかんだ、良い先生と助産師さんに恵まれて、楽しい入院生活を送ることができました。同じ出産日のお母さんと友達になり授乳室で、ぺちゃくちゃおしゃべりできたのも良かったです。第二子を産むかまだ分かりませんが、その時もこちらの病院にお世話になりたいです^^









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。